MOLD IOT SOLUTION金型IoTソリューション

金型IoTソリューション

金型情報の一元管理

金型起因による部品不良の要素は、
① 金型メンテ不足
② 金型不具合の放置
③ 型設計起因の不具合
④ 生産準備時のトライ不良
が挙げられます。

多くの企業では、紙(手書き)、もしくは表計算ソフトによる金型管理が主流であり、不具合分析や設計向上の分析に必要な、重要な情報が入力されておらず、現場任せの対応となっていることが問題です。

「金型IoT」は、こうした作業者任せのアナログ的な金型管理をデジタル化し、現場の繰り返される、金型不具合の見える化と分析・対策・歯止めいたします。

また、金型の個体管理においても、現場では手書きやシールでの管理が一般的でありますが、この方法では言うまでもなく、耐久性に問題があります。「金型IoT」は、20年耐性のQRコードを金型に貼り付け、長期間に渡る管理を推奨しています。

金型IoTソリューション 商品ラインナップ

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com