MOLD IOT SOLUTION金型IoTソリューション

金型IoTソリューション 金型電子カルテ

金型電子カルテ 全体構成





基本パッケージ

金型に貼っているQRコードをタブレットで読み取るだけで、金型の履歴をその場ですぐに確認! ショット数を登録することにより、最終生産日も一目瞭然。金型の廃棄や返却のタイミングに役立ちます。




不具合モジュール

現場で発生する不具合は貴重な情報です。
不具合モジュールでは、写真や動画を活用し、短時間で正確な不具合情報が記録できます。撮影した写真に手書きでコメントをつけることも可能です。

不具合情報の蓄積により、ユーザー様独自の対策事例集(ノウハウ集)が構築できます。



修理依頼機能
不具合登録時、「メンテ依頼」にチェックを入れて登録すると、保全部署が使用するタブレットのメインニューにアラートを表示。関係者へのメール通知も可能です。


メンテナンス依頼時に対策期限希望日を入力することで、依頼側(製造)はメンテ一覧で状況を把握。 保全側は優先順位をつけて作業に取りかかれます。 もう、紙の修理依頼書は必要ありません!


金型メンテナンスモジュール

金型のメンテナンス記録を電子化します。
作業標準書などの関連書類を紐づけておくことで、タブレット1つで作業が完結します。
入力はプルダウンからの選択式のため、手書きと比較して作業工数を大幅に削減。表記ゆれも発生しないため、入力データをそのまま分析に活用できます。

記録時に写真や動画を活用することで情報量もアップ!技能伝承にも役立ちます。



アラート機能
メンテナンスアラート機能


金型ごとにショット数/生産時間のメンテナンスサイクルを登録しておくと、タブレット上にアラートを表示します。関係者へのメール通知も可能です。


金型部品交換アラート機能


金型ごとに交換または修繕すべきショット数/生産時間を登録しておくと、メンテナンス記録の登録時にアラートを表示します。
予備品在庫管理オプション
予備品の在庫管理を行います。
メンテナンス登録時、構成している金型部品に「交換」のチェックを入れて登録すると、連動して在庫から引き当てられます。金型部品マスターに「発注点」を登録すれば、設定した在庫数に到達した時点で、発注リストに加わります。

面倒な在庫管理や、発注忘れによる生産停止から解放され、保全業務に集中できます。

チェックシートモジュール

各種チェックシートを電子化。
作成したチェックシートは、設備や金型に紐づけて管理できます。チェック項目ごとに関連帳票を紐づけておくことで、タブレットのみで作業が完結します。


トライチェックオプション
量産開始になるまでのトライチェックを電子化。
トライNG時は、自動的に不具合情報を残す画面に遷移し、強制的に情報を残します。トライ項目ごとに不具合情報が残るため、トライ精度向上、さらにはトライ回数削減に貢献します。

また、トライチェックが一覧表示されているため、何回目で合格になったのか、一目瞭然です。

日報モジュール



日報をタブレットで作成すれば、紙も表計算ソフトも不要です。
タップした箇所に数字を入力、または項目を選択して入力することで、生産情報や作業情報を記録します。

生産情報では、時間/部品情報/ショット数/不良数などの情報を付与する事が可能。
ショット数は個々の各金型の記録にも反映されます。

さらに、記録した日報情報から設備稼働率の表示も可能。もう稼働率算出のための集計作業は必要ありません!




ダッシュボード



ダッシュボードとは、タブレットで記録した様々なデータをグラフィカルにまとめ、ひと目で確認が可能なデータ可視化ツールです。


 ダッシュボードの例 


  • 不具合ランキング
  • 金型修理ランキング
  • 金型修理件数(計画修理)
  • 金型部品交換ランキング

推奨環境

金型IoTソリューション 紹介動画

金型電子カルテに関するお問い合わせはこちら

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com